WordPressでテンプレートファイルと階層を確認するプラグインの使い方

シェアする

WordPressで自分でテーマ制作している時はいいんだけど、他人のテンプレートファイルを改造している時、どこに何が反映しているのか?パッとはわかりづらい。

その時に、テンプレートファイルと階層を確認するプラグインを見つけました。

それが「Show Current Template」です。

使い方はプラグインをインストールするだけ

「Show Current Template」プラグインの使い方はカンタンです。

「Show Current Template」プラグインをインストールして有効化するだけ。

インストール後にサイトを開くと管理画面のツールーバーに
テンプレートファイルが表示されます。

show-current -template

どういう時に使用するのか?

自作のテンプレートの場合は、何故かテンプレートファイルが反映しない?ささやかなミスでも気づかない場合があります。

その時に、現在適用されいてるファイルを確認するのは解決方法の手がかりになります。

また、自作以外のテンプレートの場合、テンプレートファイルが細かく分かれている場合があります。その時に現在適用されているテンプレートファイルは何のなのか?ソースコードから全てを読み解くには時間がかかります。

その時は、「Show Current Template」プラグインでテンプレートファイルと階層を確認できると調査時間をぐっと短くできます。

最後に

この機能はWordPressの標準機能に実装されていてもいいのにな〜と実は密かに思ってます。

まあ、プラグインがあるから別にいいですけどね。

久しぶりのプラグイン紹介でした。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク