ソーシャルメディアマーケッター美咲を読んでみた

はじめに

前から持っていた「ソーシャルメディアマーケッター美咲」を読みました。

 

social-marketer-misaki

 

この本は

ソーシャルメディアを使ってコストをかけずに集客したい

炎上対策や悪評価などのコメントを削除してほしい

Facebookファンページなどを活用して売り上げアップやらブランド力向上させたい。

 

他にも沢山ありましたけど、上記のような希望を出してくる
クライアントに大して現実的な提案をしていく小説です。

 

本にも書いてありますけど「ソーシャルメディアは魔法の杖ではない」ですね。

一連の流れがざっくりと

正直これを読んだからソーシャルメディアばっちりだぜ!という風にはなりません。
ソーシャルメディアマーケティングとよばれるものにも色々あるので、
概略を学びたい人にはいいと思います。

しかしながら、クライアントが大きすぎます。
多分、ターゲットは一定規模以上の宣伝部とか
マーケティング部門の人かそういう顧客を相手にしている
マーケティングコンサルタントの人なんでしょう。

金額予算1000万とか普通に出てくるので
ほとんどの企業では参考にしづらいのかな?と思います。

ただ、考え方とか表・グラフやマトリックスなどが掲載されています。
なるほど、こういう位置づけなのかと勉強になるので
全く無駄ではないと思います。

さいごに

気になる点は多数ありました。

新人に仕事任せ過ぎだろ・・・

居酒屋で大企業からの受けた依頼を第3者に相談するな。

結局どういう風にソーシャルメディアを展開したのかよくわからん。

とか・・・

 

ただ、そういう突っ込みはなしにして
概略だけ勉強する人には読みやすい本だと思います。

よければ下記ボタンから「いいね」や「ツイート」をお願いいたします!

 

Pocket

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA