[書評]ネットで成功しているのは〈やめない人たち〉であるを読んでみた

シェアする

ネットで成功しているのは<やめない人たち>である

こんにちは、イナフクカズヤ(@Inafuku_Kazuya)です。

僕はブロガーを集めてブログキャンプをやってみたりWordPress構築セミナーの主催をしています。

主にブロガー向けの企画をやっているのですが、ブロガーの中でも、そういったイベントを開催している人は決して多くはありません。

そんな事をやっていると、ブロガーとして成り上がりたいという気持ちが少しづつ出てきました。

とはいえ、僕は圧倒的な後発組。成り上がるためには勉強が必要です。何か、その手の本を読んでみようと思い「ネットで成功しているのは〈やめない人たち〉である」を手にとってみました。

10月27日kazuyanブログキャンプ第2回を開催しました

WordPressブログ構築セミナーを開催したことにより得たもの

ブロガーとはどんな人?

そもそもブロガーとはどういう人なのでしょうか?

  • ブログを続けている理由?
  • ネットで情報発信している歳に気をつけていることは?
  • アクセス数を伸ばすために工夫をしているか?
  • 実際、収入にはなっているのか?
  • 収入になった場合、どのくらいの期間を有したか。

このあたりでしょうか。

この本は、実際のブロガーの人たちにアンケートをとって調べたものを元にして本になっています。

心に残った部分

成り上がったと一番感じるのは何か?やっぱり収入でしょ!と浅ましい僕は考えてしまいます。

この本の中には様々なアンケート結果が掲載されています。

そのアンケート結果によると収入になるまで3年という回答が一番多かったようです。

1年目 種まきの期間

思いついたことを何でもやってみる時期だそうです。
一つの目安が300記事だそうです。

統計的にそこまで記事を書くと一つくらい
当たり記事がでるようです。

うん・・・・・・・・・・・

後、3倍ね・・・・・

が・頑張る!

2年目 熟成の期間

当たり記事や統計データを考えて検索流入など色々な対策を考える時期。

当たり記事がなければ、ちょっと方向性を考えましょう!ということです。

3年目 刈り取りの期間

この当たりになると成功パターンが見えてくるようです。
ほんとうかいな!と思いつつ、ひたすら記事を書いていきます。

1000記事目について

以前、@isloopさんが書かれている記事でブロガーで100万PVを書くための記事がかかれました。

ブログで安定して月間100万PVをとり続けるために実践してる5つのこと。 | 和洋風KAI

よく考えると毎日1記事書いたとして
365日×3年で1095本になるので
3年で収入になったというのも納得がいく数字なんですね。

ブログでも「石の上にも3年」というのは当てはまるのかもしれません。

さいごに

では、1日3本書いて1095本を1日でこなした場合はどうなるんでしょうね?

と、自分でフラグを立ててみましたが、僕はマイペースにこなしたいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク