自分の過去からやりたいことを一緒に探り、それが見つけられたと思います

ishikawa-munenori

名前:石川宗徳様
職業:司法書士
コンサル方式:対面

体験コンサルティングを受けようと思った理由

世間一般では、司法書士という名前を知らない、司法書士という名前を聞いたことはあるけど何をする職業か知らないという認識かと思います。

一方で、司法書士の業務はこれ、と一つ決まっているわけではなく、不動産登記、商業登記といった登記業務から、成年後見人申立、相続放棄申立、自己破産申立などの裁判所提出書類の作成、140万円以下の金額の債権回収や過払金返還請求における代理など多岐に亘ります。

そのような状況において、どのような業務を誰にどこでどのように伝えていくのがベターか、をその道のプロフェッショナルに聞いてみたいと思ったので、コンサルティングを受けようと思いました。

体験コンサルティングを受けてどう思ったのか

本当にやりたいことでないと続けられない、との考えの基、自分の過去からやりたいことを一緒に探り、それが見つけられたと思います。

体験コンサルティングを受けようか、迷っている人に一言

自分ひとりで考えていても、どうしても独りよがりになってしまったり、客観的な常識からずれてしまったりしてしまうことがままありますので、第三者の、しかもプロの意見を聞いてみることは有用な手段だと思います。

特に、ビジネスに真剣に取り組んでいる方で、そもそも私は何でこの仕事をしているのか、私はこのままこの方向に進んでいっても大丈夫だろうかと、少しでも疑問を抱えながら仕事をしている方は、体験コンサルを受けてみることをおすすめします。

さいごに

僕と年もあまり変わらないのに家族を守りながら司法書士として独立もされて凄い方だなとコンサルをしていて感じました。

そんな家族愛や平和でいてほしいという想いを今後情報発信に生かしていっていただければなと思います。

Pocket