「自分はなにができる人と説明すればいいんだろう?」と言う答えが明確に出ました

シェアする

shima-face

名前:島 良一
職業:店舗集客デザイナー
コンサル方式:対面

体験コンサルティングを受けようと思った理由

仕事はおもにDTPデザイナーという紙媒体のデザインの仕事なのですが、最近では言われたデザインをするだけでなく、一歩踏み込んでお客様に「こんな切口のデザインはどうでしょう」と提案をするようになりました。

スキルとしても報酬としてもDTPのデザイナーの枠を超えたかったのです。

そのとき「自分はなにができる人と説明すればいいんだろう?」と、悩んでいました。

体験コンサルティングを受けてどうだったか

稲福さんのコンサルティングにより「自分はなにができる人と説明すればいいんだろう?」と言う答えが明確に出ました。

私は、ある特定の肩書にトラウマ、コンプレックス、憧れが詰まっていたようで、本当はその肩書を名乗りたいが、実績がないことから自信がなく、それで悩んでいたようです。

良くも悪くも、その肩書への執着こそが「自分はなにができる人と説明すればいいんだろう?」の答えがありスッキリしました。

そこから芋づる式に自分の目標や目指しているものが明確になりました。自分ひとりでは絶対に掘り下げて考えられなかった部分でした。

体験コンサルティングを受けようか、迷っている人に一言

コンサルティングと聞くと、上から目線で自分を評価される…という不安がありました。

しかし、実際は自分自身の「過去」を振り返り、「未来」を見つめなおし、では「今」どうするか?を手助けをしてくれるものでした。

悩んでいた自分の肩書や、ブレていた方向性が明確になったと思います。

今後は、お客様に与える印象も代わり、受注の質や件数が改善されると思います。

私はこの費用対効果を考えた上で、体験から稲福さんに実際にコンサルティングしていただくことになりました。

さいごに

CPFフレームワークにより、島さんの今後の方向性が明確に決まって来ました。これからWordPressの設置や今後の戦略を組み立ててお互いに成長していきます!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク