瀬川先生、今までありがとうございました。

シェアする

本ブログで何回か書いている通り
僕は4歳の頃に重症筋肉力無症という難病にかかりました。

その治療でお世話になった瀬川小児神経学クリニック
瀬川昌也先生が昨年12月14日にお亡くなりになられたことを知りました。
(ここ10年くらいは症状が安定しており行ってなかったので、最近知りました。)

実は僕の担当医は野村先生だったので、
瀬川先生に診療してもらったことは殆どない(と思う。)

それでも、再発した時や、新しい病気にかかった時などは
必ず診察中に突然いらして、病状の確認をしていただいた。

そういえば、いつだったか覚えてないけど、
廊下で立ち話をする機会があった。

確か中学くらいのころだったと思う。
その時、瀬川先生から「医者にはならないの?」と
言われた。

僕はその時「ならないし、なれない」という会話をした。
その後、どんな会話をしたかは覚えてない。

僕は今、元気に仕事をしているし、生きています。

4歳の頃に重症筋肉力無症が発症して、
再発やいくつもの病気が発症しても
何とかやってこれたのは瀬川小児神経学クリニックが
あって、何度も何度も治療をしていただいたからだと思ってます。

瀬川先生、先生や皆様に何度も助けていただいたおかげで
僕は元気です。

瀬川先生、今まで本当にありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク