居酒屋が自分でホームページ制作(WordPress)をして集客するまでの基本・簡単な流れ

izakaya-hp

「居酒屋 WordPress」で、よく表示されてるぽい。そこで、あまりお金がかけられないから、自分で居酒屋のホームページ制作をしたい!という人向けに「居酒屋が自分でホームページ制作(WordPress)をして集客するまでの流れ」を書いてみます。

とにかくWordPressの設置

とにかくWordPressの設置を行う事が重要です。

まずはレンタルサーバーと独自ドメインを取得します。極力作業を減らす為にロリポップとムームードメインと契約しましょう。

ムームードメイン

次にドメインを契約します(inafukukazuya.comみたいなやつ)
自分の居酒屋の名前をローマ字にしたり、わかりやすいドメインを付けましょう。
後、できればムームーメールも契約しましょう。
info@inafukukazuya.comみたいな感じで
ドメインのメールアドレスを追加できるようになります。

契約が完了したら
レンタルサーバーを契約しましょう。

ムームードメイン

ロリポップ

ロリポップはライトプランで契約をします。ライトプランの下にある「選択する」をクリックして、内容に沿って入力してください。

契約が完了したら
独自ドメインの設定を行ってください。

その後に独自ドメインでWordPressの設置を行います。

ロリポップ

WordPressの設置はこちら

クラウドテンプレートからテーマを選ぶ

WordPressの基本操作方法を覚えます。
投稿・固定ページの使い方、プラグインの設置、テーマ変更の仕方をまずは覚えましょう。

テーマを居酒屋で使えそうな物に変更

テーマを無料で探しても構わないのですが
ベーシックなデザインやレスポンシブ対応という点から
考えると「クラウドテンプレート」がおすすめです。

価格も安い為です。

WordPressテーマ | 飲食店 – WordPressテーマ – クラウドテンプレート | ウェブ制作会社も使用できるホームページテンプレート・WordPressテーマ

サイト名とキャッチコピー

WordPressの管理画面から、
設定で「サイト名」と「キャッチコピー」を設定できます。
サイト名は店名で構いませんが、「キャッチコピー」には
駅から何分とか売りとか居酒屋(焼き肉なら焼き肉と書く)です。
など書きましょう。

特に、ここに書かれている内容はGoogleなどの検索エンジンで重要な意味を持ちます。

ヘッダー情報

ヘッダーには電話番号を大きく載せましょう。電話したい時に電話番号がどこに載っているか?わからないと、お客様は問い合わせしてくれません。

フッターにも同じように掲載しましょう。

固定ページに重要な情報を書く

固定ページにグローバルナビゲーションに必要な情報を書きましょう。

・TOPページ
(お知らせとか)
・店の紹介(店主紹介、店のこだわり特長など)
・メニュー(写真と料金と味の特長)
・店の様子
・地図(特に写真をとって書いてあげるのがベスト)
・プランがあればプラン
・クーポンがあればクーポン
・お客様の声
・複数店舗があれば店舗一覧
・お問い合わせ

を各自書いていきます。
店主紹介やお客様の声って以外と忘れがちですが、こういう情報はあったほうが信頼を得られやすいので、必ず入れるようにします。

また、各ページにはイメージ写真を使いましょう。無料素材ではなく、実際の店舗を撮影した画像を使います。その画像から店の様子を見て、行きたい!と思ってもらいます。

プラグイン設置

お問い合わせやSNS連携やGoogleアナリティクス設置の為に
プラグインを設置していきます。

投稿からブログを書く

居酒屋について、料理について、などなど、お客様の役に立つ記事をドンドンアップしていきましょう。

さいごに

後は、Googleアナリティクスを確認しながら
ブログ記事を書いていく事。

常に更新をしていくことが
重要です。

とりえあず、ざっと流れを書いてみました。