治療中の画像三つ目

鍼灸院のホームページ制作したけど集客に悩んでいる、そんな時は鍼灸って痛くないよと伝えよう

治療中の画像三つ目

この写真は僕が美容鍼灸を受けた時に撮影した物です。

この写真を見た時どう思いましたか?これで美顔になれるんだ!私もやってみたい!と思いましたか?

そういう方向けに撮影した物ですが、大半は「顔に刺されて痛そう・・・」と思われたのではないでしょうか?

鍼灸院はまず怖いというイメージがある

この記事を書こうと思ったのは「鍼灸 痛い」というキーワードで検索されていたからです。

鍼灸院のホームページ制作を見ると大体が
「肩こりで辛い方」「慢性的な疲労感」「頭痛」「眼精疲労」etc

でも、一つ忘れている事があります。確かに治療して良くなるかもしれません。それらの症状は辛いでしょう。

でも、普通の方が鍼灸に抱いているイメージって

「鍼を身体に指すんでしょう?痛そう!」
「灸って燃やしてるんでしょう?凄く熱いじゃない!」
「鍼灸って何か怖い・・・」

こういうイメージがあるんです。「痛そう・怖い」というイメージが。

メリットについては皆良く出来てる

鍼灸院のホームページ制作については
メリット部分については皆だいたい良く出来てると思います。

先ほど書いた
「肩こりで辛い方」「慢性的な疲労感」「頭痛」「眼精疲労」に効果があるという事や初診時のやり取り、リピート率などなど。

世の中に店舗が多い分、参考にできるサイトも多いし、受ける側もメリットについては大体分かっている人が多いと思います。

鍼灸院のホームページに来てくれるのに何故か問い合わせが少ない。それは何故か?それは前述した痛いや怖さに対してです。

歯医者でこの事に気づかされた

実は、僕もこの事に気づいたのは指摘されたからでした。ある歯医者のホームページ制作のコーディングを受注したときのことです。

やたらと痛くない治療と書かれていました。それを読んで思ったんです。そういえば、歯医者に行きたくない理由って痛いし怖いからだなって。

痛くて怖いというイメージは、人がサービスを受けない理由としては十分すぎるほどです。現に僕も鍼灸を何度も受けて、度々知り合いに勧めていますが、痛そう怖いと言われ、大体拒否されてきました。

皆さんも痛そう怖いでサービスを受けていないけど、興味がある分野ってありませんか?

さいごに

鍼灸院のホームページ制作で集客に困っている、ホームページに来てくれるけど、問い合わせが少ない。

そんな方は痛み・怖いに対して十分すぎるほど記事を書いてみてください。

お客様に安心して来院いただける情報を提供するのは鍼灸院のホームページ制作として大事なことですよ。

Pocket