集客するなら絶対必須!WordPressサイトでプロフィールを作ろう!

page-profile

WordPressサイト・WordPressブログで集客したいなら
プロフィール欄は最低限必須です。

これはWordPressに限らず
集客をする場合、絶対必須です。

自分が商品・サービスを購入する時に
考えると凄くわかりやすい。

リアルと違って
商品・サービスについては
目の前に物がないので、
実際どういうものか判断する事ができません。

リアルの場であれば
売ろうとしている人の顔が見えたり
服装が見えたり、その周りの環境を確認出来たり、
別に買わなければ個人情報もバレることはありません。

ネットの場合は、
購入する時に最低限の個人情報を
入力するし、その人がどういう人なのか?
プロフィール情報がなければ
判断しづらい。

その為、プロフィールについては
気を使って書く必要があります。

プロフィールについて最低限書いておきたい事

あなたは何をしている人ですか?

まず、あなたは何をしている人ですか?
誰向けにサービスを提供していますか?

僕の場合だと
WordPress専門のプログラマと
答えていました。

お客さまは
WordPress関係で協力者の欲しい
WEB制作会社・フリーランスのデザイナー
などです。

今はWordPress集客コンサルタントとして
活動しています。

個人起業家向けに

  • 仕事内容の相談
  • ブログの方向性の決定
  • WordPressサイトの立ち上げ
  • WordPressサイトの使い方
  • 必要なプラグインの設置
  • SNS連携
  • アクセス解析を確認しながらのコンサル
    • を提供し始めました。

      顔写真

      顔写真は載せておきたいです。
      どうしても載せたくない場合は
      イラストでもいいので載せましょう。

      顔写真があるかないかだけでも
      信用度が極端に異なります。

      所在地

      自宅で仕事をしているケースもあるけど、
      都道府県くらいは書きましょう。

      同じ県内であれば、
      行ける範囲内だし、同じ商品だったら
      近いところから購入しようと考えます。

      連絡先

      お問い合わせフォームを用意して
      連絡を取れるようにしましょう。

      メールアドレスの記載でも構いませんが、
      それだと何を書いていいのか?
      自分で考える必要がでてきます。

      お問い合わせフォームで
      教えてほしい内容項目を作っておけば
      お客さんの負担が減ります。

      お客さまの声・実績

      商品・サービスを開始しはじめの人は
      不可能ですが、お客さまの声・実績は公開しましょう。

      その人がどういう仕事をするのか?
      判断するには実績やお客さまの声が一番わかります。

      その商品・サービスを始めたきっかけ

      ここ数年、機能ではなくて
      共感の時代と言われるようになりました。

      その商品のストーリーや、
      はじめようと思ったキッカケ
      信念
      などに共感した時に
      あなたから買いたいと思ってもらえます。

      さいごに

      新しい取引先と打ち合わせするときも
      僕はプロフィール欄を事前に伝えておきます。

      それだけで、色々と話も弾んだりします。
      ちょっと例外ですが、僕の病気の事についても
      質問される場合もあったり。。。

      でも、そういうお客さまの心に残る
      ワードを仕込んでおくと
      何かあった時に思い出してもらいやすいです。