Advanced Custom Fieldsを使って住所を入力するだけでGoogleマップを表示するようにする方法

googlemap02

はじめに

クライアントからたまに自分でGoogleMapを埋め込みたいという要望があります。そのまま埋め込んでください!言っても中々ハードルが高い。

なので、Advanced Custom Fieldsを使って
住所を入力するだけでGoogleマップを
表示するようにする方法をログとして残したいと思います。

設定方法

公式サイトにはこんな感じで書かれてます。

ACF | Google Map

英語ばかりなのは仕方ないんだけど、こういう時に辛いっすね。。

今回はちょこっとだけ変えました。ほぼコピペだけど。。

Advanced Custom Fieldsをインストール後GoogleMapの設定をします。

  1. 管理画面からカスタムフィールド→カスタムフィールドを選択
  2. 新規追加ボタンをクリック
  3. タイトルをつける(今回はGoogleMapサンプル)
  4. フィールドを追加してフィールドラベル(管理画面に表示されるラベル)とフィールド名を入力。
  5. フィールドタイプで[GoogleMap]を選ぶ。
  6. その他設定は必要であれば行います。特に位置はこの設定をどこで使うのか?投稿なのか固定なのか?
    など設定することができます。今回は投稿タイプを使用します。

googlemap01

その後、入れたいテンプレートにソースコードを埋め込む。そうすると記事に
住所入力欄が表示されて、住所を入力するとGoogleMapが表示されます。

今回はtwentyfifteenに入れてみます。

入れるソースコードは2種類。設定部分と表示部分です。入れる場所はテーマや入れたい場所によって異なるけど今回、設定はheader.phpの<?php wp_head(); ?>の下に入れます。(表示部分は後で。)
GoogleMapの埋め込みにはJQueryの記述が必要になるので<?php wp_head() ?>;の下に
入れる必要があります。

この時、ちゃんと条件分岐を入れるのを忘れずに。
そうしないと全てのページに表示されちゃいます。
(今回のサンプルでは入れません。)

[php]
<style type="text/css">

.acf-map {
width: 100%;
height: 400px;
border: #ccc solid 1px;
margin: 20px 0;
}

</style>
<script src="https://maps.googleapis.com/maps/api/js?v=3.exp&sensor=false"></script>
<script type="text/javascript">
(function($) {

/*
* render_map
*
* This function will render a Google Map onto the selected jQuery element
*
* @type function
* @date 8/11/2013
* @since 4.3.0
*
* @param $el (jQuery element)
* @return n/a
*/

function render_map( $el ) {

// var
var $markers = $el.find(‘.marker’);

// vars
var args = {
zoom : 16,
center : new google.maps.LatLng(0, 0),
mapTypeId : google.maps.MapTypeId.ROADMAP
};

// create map
var map = new google.maps.Map( $el[0], args);

// add a markers reference
map.markers = [];

// add markers
$markers.each(function(){

add_marker( $(this), map );

});

// center map
center_map( map );

}

/*
* add_marker
*
* This function will add a marker to the selected Google Map
*
* @type function
* @date 8/11/2013
* @since 4.3.0
*
* @param $marker (jQuery element)
* @param map (Google Map object)
* @return n/a
*/

function add_marker( $marker, map ) {

// var
var latlng = new google.maps.LatLng( $marker.attr(‘data-lat’), $marker.attr(‘data-lng’) );

// create marker
var marker = new google.maps.Marker({
position : latlng,
map : map
});

// add to array
map.markers.push( marker );

// if marker contains HTML, add it to an infoWindow
if( $marker.html() )
{
// create info window
var infowindow = new google.maps.InfoWindow({
content : $marker.html()
});

// show info window when marker is clicked
google.maps.event.addListener(marker, ‘click’, function() {

infowindow.open( map, marker );

});
}

}

/*
* center_map
*
* This function will center the map, showing all markers attached to this map
*
* @type function
* @date 8/11/2013
* @since 4.3.0
*
* @param map (Google Map object)
* @return n/a
*/

function center_map( map ) {

// vars
var bounds = new google.maps.LatLngBounds();

// loop through all markers and create bounds
$.each( map.markers, function( i, marker ){

var latlng = new google.maps.LatLng( marker.position.lat(), marker.position.lng() );

bounds.extend( latlng );

});

// only 1 marker?
if( map.markers.length == 1 )
{
// set center of map
map.setCenter( bounds.getCenter() );
map.setZoom( 16 );
}
else
{
// fit to bounds
map.fitBounds( bounds );
}

}

/*
* document ready
*
* This function will render each map when the document is ready (page has loaded)
*
* @type function
* @date 8/11/2013
* @since 5.0.0
*
* @param n/a
* @return n/a
*/

$(document).ready(function(){

$(‘.acf-map’).each(function(){

render_map( $(this) );

});

});

})(jQuery);
</script>
[/php]

今回のサンプルには直接CSSを書き込んでるけど、
導入する時はCSSはキチンとstyle.cssとかに入れます。
(よく考えたらCSSわけたら3つだけど今回は2つということで。。)

次に表示させたい箇所に表示部分のソースコードを導入します。

get_fieldのmapはフィールド名です。
一番最初にやったフィールド名に合わせてください。

今回は投稿でブログを書いた記事の下に表示させるようにします。contents.phpの<footer class=”entry-footer”>の下です。
[php]
<?php

$location = get_field(‘map’);
if( !empty($location) ):
?>
<div class="acf-map">
<div class="marker" data-lat="<?php echo $location[‘lat’]; ?>" data-lng="<?php echo $location[‘lng’]; ?>"></div>
</div>
<?php endif; ?>
[/php]

実際の入力をしてみる

では、いつものように投稿からブログを書いてみます。テキスト入力欄の下に住所入力欄が増えています。ここで住所を入力してみましょう。サンプルは東京タワーです。

googlemap02

さいごに

こんな感じで表示されます。

googlemap03