クラウドソーシング体験談PART1 100記事のブログ記事を納品する

crowdsourcing01

はじめに

クラウドソーシングという言葉をご存知ですか?クラウドソーシングとはネットを利用して不特定多数の人に業務を発注・受注の募集を行うことです。

昨今ではランサーズクラウドワークスが話題になってます。その他にも@SOHOSOHOビレッジなどがあります。

それぞれ一長一短が存在しますが、それは又の機会に。

働き方の多様性

今は大企業ですら倒産する時代です。また2年前の東日本大震災以降の価値観は大きく変化しました。「家族や大切な人と過ごすプライベートな時間を大切にする」という価値観 です。

大地震の際は帰宅難民を多く出しました。大地震だけではありません。ここ数年大型台風で何度も通勤・通学が困難にある人達が続出しました。

また、クラウドサービスも充実し、外でもネットが使えるようになったのも影響しています。

その為、会社を辞めてフリーランスやノマドという働き方をする人達が増えてきました。僕もご多分にもれず、こういう働き方です。もちろん最初は常駐とかが殆どですけどね。

クラウドワークスで仕事を請け負ってみました。

僕も試しにクラウドソーシングサービスで仕事を請け負ってみる事にしました。初めて請け負ったのはクラウドワークスです。初めての仕事はブログ形式の日記(500文字以上)を100記事納品でした。

期間は20日間です。金額は6000円の受注です。

結論から言うと割に合いませんw多分20時間位はかかったと思うのですが時給300円くらいになってしまいます。

まあ、書いた分のネタを作れた事は非常によかった気がします。

仕事はやりやすかった

お金は事前に仮契約としてクラウドワークスに振り込まれます。その後、仕事が完了すれば貰えます。事前振込み完了後に仕事を開始するので本当にお金を支払ってもらえるのか?という不安もないです。

僕の場合、発注者とのやり取りについては非常に丁寧に対応してもらえました。

結論としてはやってよかった

結論としてやってよかったなと思います。ただ、ずっとやり続けるのは無理だと思うので、少しづつスキルを上げていき単価が高い仕事をこなせるようにするべきだと思います。

さいごに

ブログ記事納品の仕事は、どのクラウドソーシングサービスにも多数あります。ただ、労力の割に実りは少ないです。ライティングの仕事を今後請け負いたい人が感覚を掴んだり実績を積むという視点で請け負うのがベストだなと思います。



Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA