難病時代の頃を思い出してみる 症状安定〜転校後1年で再発

前回はこちら

重症筋無力症や髄膜炎での入院を初めとして、何度か入退院をしながらも身体は着実に回復し始めました。ある程度、安定期に入ってから我が家は東京都から埼玉県へ引っ越す事になりました。

それが現在の我が家です。初めて、埼玉に行くときは一駅一駅の長さにビックリしたり、外で遊べる場所の多さに驚きました。でも、根っからの都会っ子である僕はなじむまでにメチャクチャ時間かかった記憶があります。

東京で暮らしていた時、外で遊べる場所は「小さな公園」と「小学校の校庭」くらいでした。それに比べると埼玉で僕が通う事になった小学校は3倍くらいの広さがありました。公園の広さも3倍くらいあったかも。。

そんなこんなで新生活が始まりました。病気については安定はしていましたけど、入院するほどじゃなかっただけで、定期的に保健室で休んでいました。でも入院せずに生活できるようになったのは進歩したと感じる一瞬でした。

そう5年生になるまでは。

引っ越しをしてから約1年。少しづつ学校生活に慣れてきていた僕は、それなりに楽しく生活していました。そんなある日、朝起きたら身体が上手く動かない&瞼が落ちてきているという状態になりました。とりあえず親には伝えて学校へ行く事に。

学校ヘは無事に登校できました。何とか1日過ごそうと考えていたのですが朝礼後先生が僕を呼びに来ました。病院からすぐに来るようにとの連絡です。

正直言って、これ以降の事は覚えていません。ショックだったから?子供だったから?色々理由はあるんでしょうけど。

ただ、結果だけはハッキリと覚えています。

重症筋無力症の再発です。

続きます
次回予告難病時代の頃を思い出してみる 中学へ、そして新しい病気に

Pocket

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA