楽天グループのお手伝いマッチングサービス[Cat’s Paws]を使ってみた

はじめに

WishScopeみたいなサービスが
楽天グループ内でも始めたみたいです。

その名も「Cat’s Paws」です。

catspaws01

WishScopeは普段から使っていますので
ここは是非一度使ってみたい所。

今回は実際に「Cat’s Paws」の会員登録からWEB制作の登録まで
行ってみたいと思います。
(2013年8月23日時点の仕様です)

早速使ってみた

では、「Cat’s Paws」
会員登録から始めたいと思います。

▼はじめにFacebookで登録・ログインをします。

catspaws02

▼内容に問題がなければチェックマークを入れて
 「この内容で会員登録をする」をクリックします。

catspaws03

▼「猫の手を貸します」をクリックします。

catspaws04

▼タイトル、画像、金額、期限、カテゴリ、場所/エリア、「詳細」を
入力します。Facebookに投稿したい場合はチェックマークを入れて
「確認」ボタンをクリックします。

catspaws05

catspaws06

▼問題なければ下記みたいな感じで登録されます。

catspaws09

▼使ってみた感想

正直現時点ではWishScopeと何が違うのか?
よくわかりませんでした。

後、いくつか見づらい・わかりづらい点がありました。

■文字が見づらい

文字が小さくて詰め込み過ぎなのか?
文章が全体的に読みづらいです。

多分フラットデザインも意識してるのでしょうが
「猫の手を貸します」「猫の手を借ります」なども
全体的に読みづらいです。

■カテゴリの切り替えがわかりづらい

今回はWishScopeと同様WEB制作の猫の手を貸しますで
投稿しましたが、カテゴリの設定で戸惑いました。

▼下記を見てみると日常のカテゴリしかありません。
最初切り替えの方法がわかりませんでした。

catspaws07

▼よく見ると右側がオレンジで光っています。
他の部分をクリックしたら別項目になりました。
これはちょっとわかりづらいです。

catspaws08

さいごに

ここまでが、「Cat’s Paws」を実際に会員登録から「猫の手を貸したい」内容を登録するまでです。

「Cat’s Paws」WishScopeが注目されてきたので
はじめたサービスだと思います。

現時点だと使い勝手やユーザー数も
WishScopeのほうが上です。

ただ、「Cat’s Paws」始まったばかりのサービスなので
これから色々と改善されていくんだと思います。

このままWishScope独占というのも
市場からみて良くないと思うので、
是非「Cat’s Paws」をウォッチして行きたいと思います。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA