難病時代の頃を思い出してみる 退院後に始めて登校した日の事を思い出す

前回はこちらから

さて、この辺りから大分記憶が怪しくなってきました。

というのも頻繁に入退院を繰り返していたので

具体的に何回目に何がおきたか?なんて覚えてないわけです。

 

そういうわけで、ここから時系列ぐちゃぐちゃになりますが、

覚えているエピソードを書こうと思います。

 

今回は入学式が終わったとたんに

1ヶ月入院するはめになったときの事です。

 

前回にも書きましたが

入学式が終わってから僕は病院に直行するはめになったわけです。

この時が僕が覚えている一番長い入院生活だったと思います。

期間は約1ヶ月です。

 

退院した後に始めて学校に言ったときは

おぼろげにいくつか覚えてます。

 

投稿のときはあまり覚えていません。

学校に着いたときはあまり感慨深さはありません。

一回しか来てないし。

 

ついてからは同じクラスの人に

「連絡帳はここに毎日入れるんだよ」

「稲福君の席はここだよ」

など教えてもらった気がします。

 

その学校は近辺の幼稚園か保育園の子が集まるわけで

知り合いもちらほらいたわけです。

それはぼっちにならない救いだったなと思います。

 

ただ、近くの席になったのは

僕とは違う幼稚園の出身の子達で

周りの子供達は同じ幼稚園出身という

軽く席でぼっちじゃんと思いました。

 

まあ、それなりに打ち解けられた気がしますけどね。

記憶に残っているのはKさんという女の子と

O君という男の子でした。

 

この辺りのエピソードはまた今度。

 

後、1日目エピソードで凄く記憶に残っていることがあります。

これ凄く記憶に残っているんですが

僕は1年2組でした。

 

んで、トイレに行って戻る途中

道がわからなく教室もわからなかったので

扉をあげたら隣の1年1組に入ってしまいました。

 

みんなの注目を浴びたのが凄く恥ずかしかったw

 

それが1日目の記憶です。

 

次回へ続く

Pocket

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA