Webマーケッター瞳の第9話の社長がかっこよすぎ

Webマーケッター瞳 season3

 

はじめに

 

償い/【漫画】Webマーケッター瞳シーズン3・第9話 | Web担当者Forum

 

 

 

 

Webマーケッター瞳をご存知ですか?

Web担当者Forumで毎月公開されている漫画です。

 

Webマーケッターである三立瞳が

Webマーケティングをもって企業の問題を解決していく漫画です。

 

今はseason3まで公開されていますが

中々面白いです。しかも今はマネジメントについても触れてるし。

第9回は興味深かった

実は前々からこの漫画については

書こう書こうと思ってたんですが書かずじまいに終わってました。

 

何で今更?と思いましたが前回の9話に結構共感できる部分があったので

ご紹介します。

 

今までのストーリーを紹介します。

 

リストラ候補部署の部長として就任する瞳。

仕事内容はリストラ候補を半年以内に二人決定すること。

しかし、そんな事できない!と突っぱねる瞳は半年以内に

在庫を売り切ることを約束する。

 

そんな中あるベンチャーの技術力を見込んだ瞳。

そのベンチャーと協力したいと企画書を提出し役員会議が始まります。

しかし、役員達はリストラ集団にそんなお金はかけれない。

実績もないベンチャーにお金を出すなんてトンでもない!と役員達は騒ぎ出す。

 

そのときに発した社長の言葉が超かっこいいんです!

 

 それなら君達は、これよりも桜花の可能性を広げられる

事業計画を立てられるのかね?

 

リスクはもちろんある。

しかしビジネスというものはリスクととらなければ広がらない。

 

我々は保身ではなく

覚悟をもち組織をより良い方向に進めることに

集中するべきではないか。

 

やってみなはれ

 

超かっこいい!

こういう社長の下で働きたいものです。

(俺フリーだけど・・・)

さいごに

経営者でなくても今の日本には保身に走っている会社が多いこと多いこと。

腹をくくれる人が増える施策をうっていきたいですね。

関連図書

Pocket

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA